Jyoticha-インド占星術 of 風水優李の運命占術研究室ジョーティシャ

インド占星術/西洋占星術/タロット/マヤンオラクル/ルノルマンカード 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

bind_free018.jpg

インド占星術(Jyotisha)について

インド占星術とは?西洋占星術との大きな違い

indchart.jpgインド占星術とは、約5000年の歴史を持つ世界最古の占星術で、紀元前3102年頃著されたと言われています。インドでは「ヴェーダ(サンスクリット語で「知識」の意)の手足」という4つの経典がありますが、このうちの一つが「Jyotisha(ジョーティシャ)=光の科学」と呼ばれる占星術です。

このヴェーダ思想ではカルマ(宿命とか業と言われる)という「自分のしてきたことは、よかれ悪かれ、いずれ自分に返ってくる」という考え方があります。このカルマや輪廻転生の考え方が、このインド占星術の基本になっているため、基本的に宿命論的立場を取ります。西洋占星術では、生まれ持った星の影響によって運命も影響されるという見方ですが、インド占星術では「それではなぜその人はそういう星の元に生まれてきたのか?」というところを重要視するため、生まれてきた生年月日や誕生時間は決して偶然ではない、「この人はこういうカルマを持っているためこの日この時間に生まれてきたのだ」という必然的なものとして、非常に重要としているのです。そして、そのカルマが今の人生にどう影響し、いつそれが現象化するのか?を具体的に日付まで特定するという緻密な計算により知っていくのがインド占星術です。占星術とはいえ、非常に優れた数学力のたまものであり、すでに科学とさえ言えるものです。

そして輪廻転生の概念から、現世は過去生から繋がって来世に繋がると捉えているので、実は来世まで決まっているとされています。つまり人は生まれてきた時からすでに人生は決定されていると捉えるわけです。ですが、100%全て決定されているわけではなく、宿命の範囲内ならば自由意思で変えられることもでき、カルマの解消もできるとされています。

自分の持って生まれた宿命やカルマを知ることはある意味厳しいことのように思われるかもしれませんが、どうしていつも同じような目に遭ってしまうのか?など、自分の隠れた癖が実はこんなカルマを持っているために起こっているのだと知れば、心はだいぶ楽になるはずです。そういった厳しいことでも受け止めていくことで、実は徐々にカルマの解消に向かっていくのですね。またカルマは解消するためにあるのだと私は考えます。実際、カルマを解消された人はその後運勢が上がっているのを私は見てきています。ですので、決して厳しいものではないのです。

仮にもしその人生が不運なものであったならば、いつどういう風にそれが現象化されるのかを事前に知って、それを出来る限り避けるようにすればよいわけです。
インド占星術では、宿命の範囲内で人生をよりよく生きるために、開運法も合わせて持ち合わせています。開運法はいくつかありますが、代表的なものとしてアーユルヴェーダ(生命科学)やヨガ、マントラ、ヤントラ、パワーストーンなどがあります。

インド占星術はこのように高い予言能力があるため、悪用されないためにインドでは占星術師としての素養を厳しく決め、誰もが勉強してはならないとしているようです。つまりは邪悪な心持ちでこの占星術を学び使ってはならない、ということなのですね。常に高い志を持ち、人々がより良い人生を送るために研究、実践していくことが求められているのです。

基本的には宿命論のインド占星術ですので、非常に現実的で厳しい側面もありますが、例えば何か人生でうまくいかない時、西洋占星術では「あなたがその星をうまく使えていないのだ」と言われますが、インド占星術では「うまくいかないのはあなたのせいではない。そういう時期だからしかたないのだ。」ということになります。ある意味優しいところもあるのですね。自分の器に入らないものを一生懸命入れようとしても、器の大きさはすでに決まっているのですから、それは所詮ムリな話。だから自分の器に入るものを入れればよいのです。どうしても入らないものを入れようとしても、それはただの夢や妄想にすぎず、人生を無駄に生きてしまうことにもなりかねません。自分の持って生まれた器を最大限に活かそうという意味で、インド占星術では非常に具体的に、実際的に、様々なことがわかるようにできているのです。

インド占星術の開運法:アーユルヴェーダについて

bind_free092.jpgアーユルヴェーダというとマッサージを連想される方も多いかと思いますが、本来はインドの伝統医学であり、身体の体質によって様々な健康法が記されています。私が特に注目しているのは食に関する部分で、インドでは食べ物飲み物という口から入るものが自分の体質に合った良いものであれば、身体も心もプラスに働くと考えます。私はその開運法の一つであるアーユルヴェーダの主に食に関することを学びつつ、実践も兼ねてご紹介していけたらと考えています。